前のページに戻る

宇土の紙芝居

鶴の恩返し

picture

1

今から1100年程前,西暦901年頃のお話です。
宇土の町から南西に約2キロの所にきれいな形をした白山という山があり,その山のふもとに轟という里がありました。

picture

2

その里に,それは正直者の御門という夫婦がおりました。
夫は山に出て,柴を刈り,女房は機(はた)を織って暮らしていました。

picture

3

大晦日を迎え,夫は女房の織った反物をもって町に売りに出かけました。轟の里を出て,塩田(現在の宇土市古城町付近)まで来ると,一羽の鶴が若者たちに捕らえられ,まさに殺されようとしていました。

picture

4

夫は鶴がかわいそうになり,大切な反物と取り換えてしまいました。その傷ついた鶴は夫の手で空高く放されました。
夫は女房にこのことを恐る恐る話しました。ところが女房は,ニッコリ笑って言うのです。
「それは本当に良いことをしましたね。」
「明日はお正月,良い年が迎えられるでしょう。」
夫は本当にほっとしました。

picture

5

その夜のことです。トントン,トントンと戸を叩く音がしました。
夫がそっと戸をあけてみると,美しい旅姿の娘が立っていました。
「私は旅の途中です。どうか今夜一晩でも泊めてもらえないでしょうか。」
「私たちはこの通りの貧乏暮らしです。何のお世話もすることもできません。」 と夫は断りました。 すると娘が,「食べ物なら持っています。ご一緒にお正月を迎えましょう。」と言いました。

picture

6

娘は米一升と糸筒をみやげに差し出しました。米三粒を釜に入れると,釜一杯のご飯ができ,また,糸筒は織っても織っても絹が出てくる不思議な米と筒でした。
娘は夫婦に頼み,養女となって親孝行をしました。

picture

7

ある日のことです。夫婦のもとに国司の使いがやってきました。
「この里に美しい娘がいると噂を聞いたが,娘がいる家はこちらか。」
「そのような美しい娘を里に置いておくことは惜しいから,国司のもとへ娘を差し上げるがよい。」
当時,国司は大変な権力者で 「それが出来なければ,娘の代わりに小判千両を用意せよ。」
との難題でした。夫婦は大変困りました。

picture

8

娘はこのことを知ると夫婦に言いました。
「どうか,明日の朝早く木原山に登り,小判に似た鶴の葉千枚を取ってきてください。」
夫婦は娘が言う通り,翌朝木原の山に登り鶴の葉千枚を取ってきました。すると,それがいつの間にか小判千両に変わっていたのです。

picture

9

国司の使いが,約束通りやってきました。
「娘をもらい受けにきた。」
夫婦は小判千両を渡し,
「娘をやることは出来ません。」
と断りました。国司の使いは,鶴の葉の小判千両をもって国司のもとへ帰って行きました。

picture

10

それから後のことです。娘は夫婦に言いました。
「私は今まで黙っていましたが,実は人間ではありません。去年の暮れ,お助けいただいた鶴…」

picture

11

と言い終わらぬうちに,今までそこにいた娘の姿は消えて,一羽の美しい鶴に変わっていました。

picture

12

鶴はピョンピョンと跳んで今の宇土市神馬町舞出(まいだし)の田んぼまで来ると,勢いよく大空に飛びあがりました。この話にちなんで,ここを舞出(まいだし)と呼んでいます。

picture

13

ここから舞い上がった鶴は,今の宇土市野鶴町鶴見塚あたりに消えていきました。その鶴が消えたあたりに夫婦がお経を埋めて塚を築き,鳥類の安全を祈りました。
夫婦は,塚の南に屋敷を移し,後に男女3人の子どもが生まれました。名を丹波(たんば),式部(しきぶ),伯耆(ほうき)と名づけ末永く幸せに暮らしたということです。

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156