前のページに戻る

宇土の紙芝居

孝行娘

picture

1

むかしむかし,宇土の城下町に,それはそれはたいへん親孝行の娘がおりました。 それは今から400年ぐらい前のことで,宇土の城のお殿様は,名和伯耆守顕孝(なわほうきのかみあきたか)という人でした。

picture

2

ある日のことです。お殿様は自分の領地を自分の目で確かめたいと,一人で城を抜け出して,あちこちを見て歩きました。
領地を見てまわる途中でおなかが減り,町はずれの茶屋に入りました。

picture

3

お殿様は,娘のすすめるお茶を飲み,箱に並べられた小さなかわいい餅(もち)を見つけました。
「娘,それをくれ。」といい,一口食べました。
まるくて白い,そして小さいけれど,とってもおいしい餅(もち)でした。
この餅(もち)は,娘のお静とその母が毎日作る手作りの餅(もち)でした。

picture

4

お殿様は,「うまかった。」と言って金を払わずさっさと茶屋を出て行こうとしました。
いつもは家来衆を連れていますので,自分で金を払うことなどありません。
うっかり店を出てしまいました。

picture

5

お静は,お殿様の顔など知るはずがありません。
それで,お殿様の袖(そで)をひっぱり
「お客さん,お代をちょうだいいたします。」
お殿様は,はっと思いました。
ふところを探りましたが,一分(いちぶ)の金もありませんでした。

picture

6

お殿様は,自分が着ている羽織の小袖(こそで)を切って娘に渡し,
「これをもってお城に来てもらいたい。そのときお代を取らす。」
と言って,さっさと帰ってしまいました。

picture

7

お静はあの時うっかりして名前を聞くことを忘れていましたが,
「この紋どころは城主,お殿様のものだ。」
「ご無礼なことだ。このままでは済まんぞ。」
「娘ばかりじゃない。お母さんの命も危ないぞ。」
「こら,えらいことになったぞ。」
と町中が大騒ぎとなり,お静は不安になりました。

picture

8

お静は小袖(こそで)をもってお城に出かけ,
「知らぬこととはいえ,お殿様へのご無礼,せめて,お母さんの命だけは助けてください。」
とお願いしました。

picture

9

すると殿様が,
「感心な娘よ,おまえの親孝行に免じて,褒美(ほうび)をとらせよう。」
と言い,帰りにはお代とたくさんの褒美(ほうび)をもらって帰りました。
それから,お静とその母が作る小さな餅(もち)は宇土の名物となり,今では小袖餅(こそでもち)と呼ばれるようになりました。

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156