前のページに戻る

新宇土市史の紹介

宇土市史研究(うと学研究) および 新宇土市史基礎資料集

書名 内容 価格 送料
宇土市史研究
創刊号
宇土市松山町南山内出土の箱式石棺・如来寺仏像の胎内銘について・三宮社祭禮御幸記録・忘れられた宇土の近世瓦・寛政の津波・松花堂 光永眠鶴八十二年の生涯(一)・屯田兵と宇土・宇土の巡礼札所・郵便局のあゆみ(一)・宇土市納税貯蓄組合今昔・宇土の地名(B5判 本文74頁 図版4頁)
『宇土市史研究』(創刊号)(PDF 約3.97MB)
絶版
宇土市史研究
第二号
宇土市松山町畑中遺跡出土の甕棺・肥後南部の石棺資料(一)_・向野田古墳出土の絹製品について・如来寺仏像胎内からでた絹製品について・善導寺の歴史と地理・八代日記と宇土・板碑ノート・宇土における小西行長・宇土の文学碑・松花堂 光永眠鶴八十二年の生涯(二)・宇土市農業の歩み・宇土市上水道建設小史・宇土の方言・他(B5判 本文90頁 図版13頁)
『宇土市史研究』(第2号)(PDF 約5.36MB)
絶版
宇土市史研究
第三号
古墳発顕記録(抄)・城二号墳人骨について・肥後南部の石棺史料(二)・古保里荘・小西行長ゆかりの神社,仏閣と供養塔・御供寺・栗崎南蛮流外科始祖 栗崎道喜少年・松花堂 光永眠鶴八十二年の生涯(三)・肥陽国中三十三所従當山巡道略縁記篇額について・太田黒克彦さんのこと・宇土の方言 続稿・石瀬天満宮修復の記・図書館と宇土・宇土市立図書館郷土資料目録・他(B5判 本文106頁 図版1頁) 740 300
宇土市史研究
第四号
桂源遺事・轟の歴史と地理・宇土半島基部の弥生資料(一)・肥後南部の石棺資料(三)・宇土地名考・網田金石誌(一)・海外文献に現れたる 肥後の地名・海外文献に現れたる肥後の地名に就きて・松花堂 光永眠鶴八十二年の生涯(四)・宇土の薩摩街道・篠原温亭・明治大正見たまゝ聞いたまゝ・宇土人著述目録・他(B5判 本文114頁 図版3頁) 840 300
宇土市史研究
第五号
石瀬漫録 抄(一)・向野田前方後円墳の人骨・考古ノート・網田金石誌(二)・宇土支藩殉死覚書・宇土郡の地名・宇土の地名を考える・他(B5判 本文104頁 図版6頁) 840 300
宇土市史研究
第六号
考古ノート・郷荘と地名・島原の乱における郡浦村,江部村の一件について(その一)・泰雲寺界隈・網田金石誌(三)・鶴見塚伝説ノート・宇土ゆかりの人々(上)・他(B5判 本文80頁 図版7頁) 1,050 215
宇土市史研究
第七号
石瀬漫録 抄(二)・島原の乱における群浦村・江部村の一件について(その二)・宇土細川藩家中先祖書 抄録・網田金石誌(補)・上古閑村願解踊の記録(一)・宇土ゆかりの人々(下)・宇城地方考古学関係文献目録・他(B5判 本文91頁 図版1頁) 1,260 215
宇土市史研究
第八号
石瀬漫録 抄(三)・西安寺,松原・宗福寺,椿原の歴史・島原の乱における郡浦村,江部村の一件について(その三)・細川立允様御人数立記録・カタリナ永俊と行長のこと・他(B5判 本文61頁 図版3頁) 840 215
宇土市史研究
第九号
(船場川特集)
逆流水灌漑と船場川・船場川今昔・宇土における近世水運・江戸後期宇土町近在の世相断面・遠賀川式土器の回想・たはれ島小考・綿考輯録并藩譜採要 抄・他(B5判 本文129頁 図版3頁) 1,050 300
宇土市史研究
第十号
宇土における銀行の歴史・立孝公行孝公有孝公御三代記付宗中覚書・宇土郡桂源山中蕉夢庵造作明細書(B5判 本文70頁 図版1頁) 530 215
宇土市史研究
第十一号
内藤如安・砥用紀行・八代紀行・網田焼考・御高札之寫・江戸後期宇土町近在の世相断面(続)・雨乞太鼓・織田信敬聞き書・明治大正見聞雑記・宇土の口碑・木原山と宇土山,鬼の石投げ・宮庄・火玉・御輿来(B5判 本文91頁) 1,050 215
宇土市史研究
第十二号
南条元宅とその一族・検証・天草四郎・宇土と三業惑乱・嘉悦家と宇土・江戸後期宇土町近在の世相断面(続二)・興文公記録・御家中書札式壹帳写・代々記録(B5判 本文124頁) 1,050 300
宇土市史研究
第十三号
宇土と道路交通の事情・宇土半島のスキを訪ねて・宗方光と幼稚園・気象等の諺・両肥大変録・宇土市長浜町 寛政津波供養塔銘・明和八年,慶応元年宇土藩陣備図(B5判 本文60頁) 840 215
宇土市史研究
第十四号
肥後の地方制度の歴史・小西行長,文禄慶長の役関係日表・立岡大堤養水手鑑・毛利高範(細川侃次郎)略伝・明治期の宇土市旧町村の動き(一)・宇土地方の砂糖製造・宇土半島の黒砂糖沿革(B5判 本文118頁) 1,050 300
宇土市史研究
第十五号
南大門碑に現れたる浄水寺の寺領・天草四郎関係入牢者の記録・宇土細川家藩祖立孝と稲富流砲術・私立鶴城学館・明治期の宇土市旧町村の動き(二)・宝暦十二年宇土郡松山手永佐野村田畑下ケ名寄御帳・宝暦十三年宇土郡松山手永立岡村田畑ケ名寄御帳・宇土文書(一)(B5判 本文92頁 図版1頁) 1,050 215
宇土市史研究
第十六号
古代宇土の地名・宇土細川支藩成立の前後・片影 細川興文公・明治期の宇土市旧町村の動き(二続)・明治期の宇土市旧町村の動き(三)(B5判 本文86頁) 1,050 215
宇土市史研究
第十七号
宇土細川支藩初期の家臣の動向・人名 その由来と読み方―特に不知火諾右衛門に就て―・明治期の宇土市旧町村の動き(四)・虫追い行事「じんだらじん」・宇土細川家侍帳(慶安五年)・宇土細川家侍帳(天明六年)・海面岩石保管願・道中記・椿原古墳発掘調査概報・天神山古墳測量調査報告(B5判 本文110頁) 1,050 300
宇土市史研究
第十八号
明治期の宇土市旧町村の動き(五)・御定書御帳写(B5判 本文84頁) 1,050 215
宇土市史研究
第十九号
松山両神宮社司,中林家文書について,斜日堂 一竿人の伝・明治期の宇土市旧町村の動き(六)・史料 御家中役高手取等被仰出之覚帳二冊・史料 覚(町村石高)(B5判 本文76頁) 1,050 215
宇土市史研究
第二十号
細川行孝と轟泉水道・明治期の宇土市旧町村の動き(七)・明治期の宇土市旧町村の動き(八)・一九三〇年代後半の宇土エスペラント会の人々・宇土細川家史料にみる「上方抱下し者」(B5判 本文128頁) 1,050 300
宇土市史研究
第二十一号
肥後藩主細川斉茲誕生の前後・細川藩御用窯 網田焼開窯期の新発見―陶師と絵師の判明―・明治期の宇土市旧町村の動き(九)・明治期の宇土市旧町村の動き(十)・観天望気,漁師の天気予測(B5判 本文122頁) 1,050 300
宇土市史研究
第二十二号
肥後宇土牧山と惣囲塘・石井家の駒と撥(B5判 本文53頁) 740 215
宇土市史研究
第二十三号
神ノ木山古墳出土須恵器・神ノ木山古墳出土須恵器の蛍光X(エックス)線分析・宇土支藩における往来手形・宇土細川支藩と参勤交代(B5判 本文120頁) 1,050 300
宇土市史研究
第二十四号
細川三吟・天保九年宇土藩下向道中日記・御在邑年惣計見直御積帳・御参勤年惣斗見亘御積帳(B5判 本文53頁) 740 180
宇土市史研究
第二十五号
(松山手永・郡浦手永 手鑑集)
宇土支藩手鑑・元禄十五年松山手永御手鑑・元禄十五年郡浦手永御手鑑・天保八年郡浦手永略御手鑑・嘉永三年手鑑・明治二年松山手永手鑑(B5判 本文132頁)
1,050 300
宇土市史研究
第二十六号
(小西行長基礎資料集)
天正九年から慶長五年までの小西行長に関係する史料を収録。(B5判 本文167頁 史料目録17頁)
1,200 300
宇土市史研究
第二十七号
(新聞に見る宇土のあゆみ)
明治一〇年九月四日から平成一七年三月一七日までの宇土市に関連する新聞史料を収録。(B5判 本文305頁) 1,400 350
新宇土市史
基礎資料集
第五集
山田文庫(一) 
宇土細川家史料を抄録。(B5判 本文306頁 図版2頁)
2,000 350
新宇土市史
基礎資料集
第七集
山田文庫(二)
B5判 本文292頁 図版3頁
2,000 350
新宇土市史
基礎資料集
第八集
宇土市の金石文
宇土市内の石造物・宇土半島基部における中世板碑の形態的特徴と造立意図について・泰雲寺跡宇土細川氏墓地での墓制形態の変遷について・宇土市金石文調査一覧表(B5判 本文258頁) 1,500 350
新宇土市史
基礎資料集
第九集    考古
西岡台遺跡・石ノ瀬遺跡・上松山遺跡(A4判 本文122頁)
『新宇土市史基礎資料集 第9集 考古―西岡台遺跡・石ノ瀬遺跡・上松山遺跡―』(PDF 約5.64MB)
絶版
新宇土市史
基礎資料集
第十集
宇土の自然
宇土市の気象特性・宇土市沿岸の有明海および緑川などの河口部に生息する生物目録・植物目録・陸生哺乳類目録・鳥類目録・爬虫,両生類目録・昆虫目録・陸産,淡水産貝類目録・水生生物目録(B5判 本文213頁) 2,000 300
宇土市史研究
第二十八号
(宇土市の美術工芸)
宇土市内の仏神像を中心とした美術工芸品のデータを写真付きで収録。(B5判 本文83頁,調査一覧表13頁) 800 215
宇土市史研究
第二十九号
薩摩街道周辺の歴史の足跡をたどる・佐方一竿人の反古籠・弘化四年宇土藩参勤道中日記・宇土の史蹟・所謂「言仁帝陵説」に就て・緑川改修(内務省堰)工事新聞記事(B5判 本文108頁) 1,000 300
宇土市史研究
第三十号
日本思想史学会の大樹 源了圓先生の足跡(私の幼少の頃と宇土の憶い出,私の歩んで来た道,「私の歩んで来た道」以後,市制施行50周年へのメッセージ,略年譜,著書・論文リスト),四考墳集,金谷宿に残る宇土藩の足跡−本陣佐塚屋休泊控帳より−(B5判,本文74頁) 850 215
うと学研究
第31号
宇土もしくは宇土人とは,宇土半島基部の線刻を有する古墳,笹原厳島神社の調査,緑川の一考察−近世期以降の緑川水系河川の土木工事を考える−,「天保六年宇土藩参勤道中日記」,入日影 乾・坤−佐方一竿人の三回忌追善句集(A4判,112頁) 900 300
うと学研究
第32号

轟貝塚慶応大学調査出土石器(補遺),天草四郎のこと,宇土細川家勅使御馳走役,既刊案内,「宇土文書」目録(その1)(A4判,68頁)

700 300
うと学研究
第33号

キリシタン大名・小西行長とその時代,武士の俸禄と宇土藩の石高,記録から学ぶ「寛政の大津波」,桂源遺稿(上),既刊案内,「宇土文書」目録(その2)(A4判,68頁)

900 300
うと学研究
第34号

「宇土名和氏領の中世城」(鶴嶋俊彦),「轟泉水道はどのようにして造られ,使われてきたのか−最古の現役上水道−」(睫擽各鵝法ぁ崚景飮闇宇土藩下向道中日記」(三島穹),「宗方小太郎小史」(根本なつめ),「桂源遺稿(下)」(宇土市教育委員会),「宇土文書目録(その3)」(A4判,100頁)

1,200 300
うと学研究
第35号

「ヨーロッパ史料に見る小西行長・ジュリアおたあ特集号」,16世紀末・小西行長領内キリスト教関係基礎史料集,【附論】ジュリア「おたあ」の生涯(A4判,98頁)

1,000 300
うと学研究
第36号

「小西行長家臣団についての基礎的考察」,「緑川下流域の改修について〜走潟周辺を中心に〜」,熊本県立大学蔵「宇土細川家文書」について,「宇土文書目録 その4」,「うと学資料室−平成26年度活動の記録−」,既刊案内(A4判,90頁)

1,000 300
うと学研究
第37号

(小西行長基礎資料集−補遺−)天正3年から慶長5年までの小西行長に関連する史料114点を収録。(A4判,72頁)

1,000 300
うと学研究
第38号

「在日フランシスコ会士と小西行長―マルティン・デ・ラ・アセンシオンの報告書より一考察―」,「大阪歴史博物館所蔵の小西行長書状について」,「金瘡外科・栗崎道喜」,「天保十三年 宇土藩下向道中日記」,「宇土文書目録(その5)」,「熊本地震による宇土市の文化財被害について」,「うと学資料室―平成27年度活動の記録―」(A4判,82頁)

1,000 300

新宇土市史の紹介に戻る

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156