前のページに戻る

宇土市年表

生い立ち

小西行長の生い立ち

小西行長の生い立ち

父の立佐(隆佐)は,天正14年(1586)から石田三成とともに堺(大阪府)の代官(奉行)となり,兄の如清も堺奉行に就いています。小西家が豪商であったこと,父・兄が堺支配において重用され,豊臣期に堺奉行であったことが,豊臣秀吉のもとで行長が台頭する直接の背景となりました。

幼い頃,父の影響でキリスト教に入信したとされていますが,天正13年(1585)のイエズス会日本年報には,天正12年(1584)に洗礼を受けたと書かれており,はっきりしていません。

小西行長の部屋トップへ戻る

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156