前のページに戻る

宇土市年表

小西行長の最期

小西行長の最期

小西行長の最期

関ヶ原での敗北後,行長は伊吹山(岐阜県)山中に逃れましたが,落人狩りを指揮していた林蔵主と行き合い,家康のもとに自らを連行し褒美をもらうようにと求め,捕らえさせました。行長はキリシタンであったため自害せず,とらえられることを選んだといわれています。

行長が捕らえられた2日後に三成が,その翌日には安国寺恵瓊が捕らえられます。3人は9月29日に大坂および堺の町を引き廻され,10月1日,京都の六条河原にて処刑された後,首は三条河原で晒されました。

イエズス会側の史料によると,行長の遺骸は教会に引き取られたようですが,どこに埋葬されたのかはわかっていません。

その後,行長は西軍に与したこと,キリシタン大名であったことなどから,国内ではあまり正当な評価を受けませんでした。しかし,行長が亡くなった7年後の1607年,イタリアのジェノバで行長を主人公とする音楽劇が作られ,1640年のフランス製日本地図には宇土,八代の地名がみられます。これは小西行長の影響によるものと考えられ,ヨーロッパでは信仰に篤い,忠義を重んじる武将として知られており,日本とは正反対の評価をされていました。

小西行長の最期

小西行長の部屋トップへ戻る

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156