前のページに戻る

大王のひつぎ実験航海事業!

大王のひつぎ実験航海とは

大和朝廷の大王たちが静かに眠る古墳,その中でも6世紀前半の大王である継体天皇が葬られたとされる大阪の今城塚古墳,日本最初の女帝であり,聖徳太子とともに華やかに律令政治を繰り広げた推古天皇の陵墓である奈良の植山古墳などから,熊本県宇土地方にしか産しない馬門石(阿蘇ピンク石)で造られた巨大な石棺が見つかっています。

6〜7トンもの重さを量り,大王の遺体を収めるのにふさわしい偉容を誇る巨大な石棺が,遙か800km離れた大和の地まで,なぜ,どうやって,どのような経路を通って運ばれたのか。

そこで,熊本県宇土市で切り出した馬門石で7トンの石棺を造り,古代船に載せ,有明海から関門海峡を通って瀬戸内海,さらに大阪湾へと運び込む,実験航海を行いました。

この実験航海は,九州,中国,関西を中心とする考古学,古代史,海洋史の研究者と地域おこし団体,行政などが中心となって計画を進め,2005年7月24日に宇土市の宇土マリーナを出発,8月26日に無事,大阪市の大阪南港に到着することができました。

漕ぎ手は海にあこがれる現代の若者たちです。また,航路では漁民の方々,沿岸寄港地では海と港の歴史をたずね,その未来を開こうとする市民の皆さんと連携し,海,そして歴史と地域をつないで,夢を共有していただいた市民参加の事業でもありました。

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156