前のページに戻る

大王のひつぎ実験航海事業

古代船の復元

古代船の復元

全長11.90メートル・最大幅2.05メートル(内径1.76メートル)・重さ推定約6トンの丸木船の船底と舷側版を組み合わせた木造の準構造船(丸木船の進化型)です。モデルとなった船は,宮崎県西都市・西都原古墳群第169号墳(5世紀後半)から出土した船型埴輪で,神戸商船大学名誉教授の松木哲(さとる)氏が基本設計。黒田藩御用船大工の家系をひく和船大工の棟梁・松田又一氏の助言のもと,福岡市志賀島の藤田造船所が建造しました。

原木は樹齢約500年の米・オレゴン州産のアメリカ松(通称ベイマツ,最大直径約1.5メートル)です。国内では1本原木が入手困難であるため,このベイマツを二本接合して一隻の古代船に復元しました。平成16年6月に建造着手,同10月に完成。名称を公募し,厳正な審査を経て「海王」に決定しました。


原木を前にノミ入れ神事

製作中の古代船

藤田造船所前にて浮上試験

水産大学カッター部 漕行練習中

大王のひつぎ実験航海事業トップへ戻る

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156