前のページに戻る

轟泉資料館

轟泉資料館

江戸時代,宇土町の地下水は,飲料水としては適していませんでした。そのため,宇土藩初代藩主細川行孝は,家老の佐方源右衛門らに城下町に良質な飲料水を確保するように命じました。そこで,名水として知られる轟水源の水をひく計画が持ち上がり,寛文3年(1663)に轟水源から宇土御屋敷・武家屋敷・宇土町まで松橋焼の土管を使った上水道(約4.8km)を整備し,寛文4年(1664)に完成しました。
  しかし,100年ほど経つと,水道管の傷みが激しくなってきたため,宇土藩5代藩主細川興文(おきのり)は轟泉水道の全面改修に踏み切り,松橋焼の土管を馬門石製の樋管に取り替えました。
  轟泉水道は,現在使用されている上水道では日本最古といわれ,今でも100戸ほどの家庭の飲料水として使われています。
  轟水源地の上にある轟御殿(宇土細川家の菩提寺跡)には轟泉資料館があり,宇土細川藩関連資料や轟泉水道の資料が展示されています。

開館時間 午前9時〜午後5時
入館料 無料
開館日 火曜日,木曜日,日曜日
住所 熊本県宇土市宮庄町
問合せ 宇土市役所 経済部 商工観光課
TEL:0964-22-1111(内線2326)

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156