前のページに戻る

山田文庫

尺八(二管)

尺八の写真です

【宇土市指定文化財】

作者

  宇土細川藩5代藩主 細川興文(おきのり)【月翁(げつおう)】

解説

  この尺八を納める桐箱の蓋裏には,

「安永癸巳(1773)の春,月翁公が肥後益城郡休村(現宇城市豊野町安見)の竹を揀(えら)び採(と)り,尺八一管を桂原山中の蕉夢庵において作り, 予(君龍)に見えて妙なる調べを恵まれ(あたえられ),家に蔵(おさ)む夏五月君龍誌す  尺八一管琴乕(2代目黒沢琴古か)が作,月翁子規(ほととぎす)自ら書して銘とす」

  哥(うた)に

「待つことは初音ばかりと思ひしに 聞ふるされぬ ほととぎすかな 西行」

  とあります。一管は月翁公作,いま一管は二代目黒沢琴古(きんこ)(尺八琴古流の家元)作銘「ほととぎす」という由緒ある尺八です。 竹の根本が大きい方には「蕉」の焼き印がありますので,こちらが月翁公の作とみられます。

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156