前のページに戻る

山田文庫

猿図

猿図の写真です

作者

  森狙仙(そせん)

解説

  森狙仙(1747〜1821)は,江戸時代後期に大坂を中心に活躍した画家で,動物画を得意としました。はじめは狩野派を学びましたが,中国の沈南蘋(しんなんびん)や京都の円山応挙の影響を受けて写実を重視した画風に変わりました。とくに猿を得意とし,還暦を迎えた文化4年(1807)に,それまで「祖仙」としていた号を,示偏から獣偏の「狙仙」に改めました。

  本図でも柔らかい毛並の表現や生き生きした猿の形態が見どころでしょう。

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156