前のページに戻る

山田文庫

二行書「人事有憂楽云々」

二行書「人事有憂楽云々」の写真です

作者

  小畑惟清(いせい)

解説

  小畑惟清は,宇土市出身の医者です。明治41年(1908)東京帝大医科大学卒業。同大学産婦人科に入局,翌年浜田病院に勤務,ドイツのギーセン大学とベルリン大学に留学。大正2年(1913)浜田病院副院長となり,同6年主論文『胎児骨盤の化骨核』により医学博士の学位を受けました。同8年浜田病院院長に就任。昭和23年以降東京都特別区公安委員長,日本医科大学監事,東京都医師会会長を歴任し,同30〜32年まで日本医師会会長をつとめました。同33年藍授褒章受章。同37年(1962)没。著書に自伝『喜寿一生の回顧』があります。

  文字は,司馬光(温公)の「人事 憂楽有り,山光 古今無し」から採られたもので,「此の世の人に関することには心配も安楽もあるが,山の色には古今の別がなく,常に青々としている(不変である)」という意です。

  落款は「宇城書」とあり,「宇城」は故郷にちなんだ号でしょう。

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156