前のページに戻る

山田文庫

鷹捕鶉図

鷹捕鶉図の写真です

作者

  杉谷行直

解説

  杉谷行直(1790〜1845)は,細川藩御用絵師矢野派の画家で,衛藤良行の弟子です。弟子に細川藩最後の御用絵師として近代まで活躍した杉谷雪樵(せっしょう)がいます。「物象工みにして,もっとも山水・花鳥に長ず。近世の能手なり」と伝えられますが,本図はその作風をよく示しています。

  古来「粟に鶉(うずら)」は「やまと絵」によく描かれますが,その鶉を大鷹(たか)が捕えているのは珍しい画題です。

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156