前のページに戻る

山田文庫

花鳥図屏風

花鳥図屏風の写真です

作者

  青井郷秀(きょうしゅう)

解説

  筆者・青井郷秀は,矢野派の絵師で八代松井家の御用絵師甲斐良郷(1761〜1829)に学び,八代松井家の絵師となりましたが,詳しい経歴は不明です。画風には江戸時代末期の矢野派の様式が明確に認められ,画技には確かなものがあります。

  本図の向かって右隻には梅の古木にサザンカらしき花,外来のインコや文鳥を,左隻にはアオバトに似たとりやヤマガラなどの小鳥,背景の岩組には勢いよく流れる水,大きくうねる梅の古木,金砂子を蒔かずに白く塗り残したように大きな月,手前にはメダケを描くなどやや複雑な構成です。青井郷秀の代表作に数えて良いと思われます。

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156