前のページに戻る

山田文庫

動物画

動物画の写真です

上図は動物画の一部です。以下のリンクより、「動物画」の全容をご覧いただけます。
Web版 動物画

【宇土市指定文化財】

作者

  宇土細川藩2代藩主 細川有孝(ありたか)

解説

  細川有孝は,宇土細川藩第2代藩主,初代行孝の三男です。 元禄3年(1690)父の死去により家督を継ぎましたが,元禄16年(1703)病を理由に長男有清に家督を譲り隠居しました。 その後は宗貫と号し,享保18年(1733)6月,58歳で死去しました。本図は末尾に「細川入道宗貫筆」の落款があり,隠居後の作とわかります。

  画風には狩野探幽の作風がよくうかがえ,狩野派の先行作例を模写したものとみられます。実物や外国あるいは架空の動物が山野に戯れる楽しい画巻です。

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156