前のページに戻る

宇土八景の写真です

上図は宇土八景の一部です。以下のリンクより、「宇土八景」の全容をご覧いただけます。
辻 誠也氏による釈文・訳・解説もご覧いただけます。
Web版 宇土八景(釈文・訳・解説付き)

【宇土市指定文化財】

作者

  宇土細川藩3代藩主 細川興生(おきなり)

解説

  江戸時代には,中国の「瀟湘(しょうしょう)八景」になぞらえて,各地で「〇〇八景」がつくられました。本図もその一つで「三宮夜雨」(瀟湘夜雨),「轟山晩鐘」(遠寺晩鐘),「山下落鴈」(平沙落雁),「大曲帰帆」(遠浦帰帆),「金峰晴嵐」(山市晴嵐),「立丘秋月」(洞庭秋月),「松橋夕照」(漁村夕照),「阿蘇暮雪」(江天暮雪)と宇土周辺や宇土から望める景色を描き,それぞれに和歌を添えています。

  狩野派風の絵には「常雄図」の落款と「岡谷川」と読める朱印が押されていますが,詳細は不明です。歌の作者は伝えられるとおり第三代宇土藩主興生(1699〜1737)とみられます。

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156