前のページに戻る

山田文庫

細川行孝肖像

細川行孝肖像の写真です

【特別出品】

解説

   細川行孝(1637〜1690)は初代宇土支藩主で,轟泉水道を引いたことでも知られています。この絵は子の有孝が,来る7回忌法要に供えて絵師に描かせ,元禄9年(1696),禅僧碩翁に賛を書いてもらったものです。
    衣冠束帯姿で上げ疊に坐す伝統的な武家肖像画で,上部に禅僧による漢文の賛を具え,宇土細川家の格式をよく表しています。賛は左の行から右の行へと書かれています。

  以下のリンクより、拡大した画像をご覧いただけます。

  ・賛の拡大画像
  ・画の拡大画像

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156