前のページに戻る

山田文庫

青蘭画

青蘭画の写真です

【宇土市指定文化財】

作者

  宇土細川藩5代藩主 細川興文(おきのり)【月翁(げつおう)】

解説

  月翁はことさら蘭を描くことを好みました。この絵もその一つですが,上部の賛にその気持ちを率直に表しているようです。

  賛は以下のように読めます。

露裏蛾眉鳬  裏露るれば蛾眉(がび)の鳬(けり)
花開鳳肥新  花開かば鳳(おおとり)は肥え新し
写得貞姿好  写得す貞姿の好ましきを
千秋対美人  千秋美人に対せん
宝暦己卯(1759)春青城主人(月翁)画並題

意味

(蘭の葉の)裏があらわれると美しい鳬のようだ
(蘭の)花が開けば鳳が大きく若々しいようである
(蘭の)ただしい姿の好ましさを写してみた
千年もこの美人(のような蘭)に対していたい

  以下のリンクより、拡大した画像をご覧いただけます。

  ・賛の拡大画像
  ・画の拡大画像

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156