前のページに戻る

夏休み!わくわく体験「うと寺子屋」を開催しました

うと寺子屋の写真1です

平成27年8月6日(木)〜8日(土)の3日間,門内町の武家屋敷「旧高月邸」で「うと寺子屋」を開催しました。

連日の猛暑の中での開催となりましたが,延べ97名の方が参加し宇土の文化・歴史を体験されました。

うと寺子屋の写真2です

「和の文化体験」です。
お茶といけばなの基本や所作振舞について学びました。

うと寺子屋の写真3です

身近にある野の花を,瓶やコップに活けました。
可愛らしい「いけばな」が,  たくさん出来ましたね!

うと寺子屋の写真4です

「勾玉(まがたま)づくり体験」です。
滑石(かっせき)という柔らかい石を紙やすりで削り,勾玉を完成させます。

うと寺子屋の写真5です

1時間ほど滑石を削ると,勾玉が姿を現します。
これを丁寧に磨くと,表面の光沢が増します。
およそ,1時間半で勾玉の完成!

うと寺子屋の写真6です

「馬門石彫刻体験」です。
うとん行長しゃんも,馬門石の歴史について学んでいます!

うと寺子屋の写真7です

石の表面を少しずつ削って,お地蔵さんの形をつくっていきます。

うと寺子屋の写真8です

暑い中でも,みなさん夢中で削っていました。

うと寺子屋の写真9です

「ガンゼキづくり体験」です。
江戸時代から現在まで轟泉水道を守ってきたガンゼキの技術。
まずは,赤土に塩や松葉の煮汁などを加え,餅のように杵でつきます。

うと寺子屋の写真10です

できあがったガンゼキをこね,
叩きつけて空気を抜き,適度な大きさの角柱にします。

うと寺子屋の写真11です

最後は,補修箇所にガンゼキをつめる体験。
武家屋敷の中にある,本物の轟泉水道の汲み出し井戸を,つくったばかりのガンゼキで実際に補修しました。

うと寺子屋の写真12です

「親子論語教室」です。

子どもから大人まで,先生に習って大きな声で読み上げます。「子曰く・・・・・」

うと寺子屋の写真13です

「温故知新」(故きを温ね新しきを知る)この有名な四字熟語についての講話。

受講生と先生とのやりとりから新たな気づきがありました。

うと寺子屋の写真14です

「七島(しちとう)ぞうり作り体験」です。

昭和40年代まで宇土市で栽培されていた「七島」。
い草に似た「七島」を初めて見る方が多い中,「シット」と言って懐かしむ方もおられました。

うと寺子屋の写真15です

先生の指導のもと,ぞうり作り開始。

昔は,子どもの小遣い稼ぎで作業をしていたそうです。

縄縫いから七島をまいて,ぞうりを作ります。

うと寺子屋の写真16です

緒を先生につけてもらい,外側の縄を引っ張って,ぞうりの完成です!

子どもたちは「夏休みの絵日記に書く!」と張り切って,一生懸命ぞうり作りに励みました。

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156