前のページに戻る

「よみがえる小西行長公」講演会・第13弾を開催しました

  平成29年12月2日(土),宇土市民会館大会議室で「よみがえる小西行長公」講演会第13弾が開催されました。

  今回は,宇土市教育委員会文化課の大浪和弥技師が,「行長のいちばん長い日―9.15関ヶ原―」と題して講演しました。

  講演では,最新の研究成果をもとに,慶長3年(1598)8月の豊臣秀吉死去から関ヶ原合戦に至る政治的な背景,そして関ヶ原合戦前後における小西行長の動向などを史料を使いながら解説しました。

  最後に,石田三成や安国寺恵瓊とともに行長が斬首された理由について,「東軍についた豊臣系大名たちの三成・行長に対する恨みや憎しみは相当なものがあった。三成や行長らを処刑することで,東軍勝利に大きく貢献した豊臣系大名たちの不満を抑え,合戦の再発を防ぐ家康の強い決意の表れだった」と述べ,講演を締めくくりました。

「よみがえる小西行長公」講演会・第13弾に関する写真1

「よみがえる小西行長公」講演会・第13弾に関する写真2

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156