前のページに戻る

赤瀬オハツキイチョウ  あかせおはつきいちょう

区分:

宇土市指定天然記念物(平成1.3.7)

   
解説:

赤瀬観音堂には3本のイチョウの老樹があります。その中で1番大きい株がオハツキイチョウで,実(銀杏)と葉が一緒に付く全国的にも珍しいイチョウです。
  このイチョウの株は樹齢約100〜150年と考えられ,幹囲3.8メートル,幹は御堂に向かって傾斜し,主幹は明瞭でなく,樹形はあまり整然としていません。
  木には地上3メートル以上のところに気根が数個みられますが,いずれも短いもので,他所のような長い気根はみられません。土地の人はこれを乳と呼び,気根の皮を煎じて飲めばお乳の出がよくなるという言い伝えがあるため,切り取ったり,皮を削り取ったりした跡が多くみられます。

関連:

 

所在地:  宇土市赤瀬町

赤瀬オハツキイチョウ

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156