前のページに戻る

嘉永新川

区分:

   
解説:

緑川の下流,天明町川口字拾町(現熊本市川口町)から平木橋の下を通り,天明町川口字方丈(現熊本市川口町)にほぼ直線的に西下し,有明海河口に至る川で,現在は緑川本流となっています。
旧緑川は,下流部で大きく湾曲しているために,洪水時には緑川の水はけが非常に悪く,大きな被害にみまわれていました。そこで文政9年(1826)から4年間,緑川大普請工事が行われましたが,それでも改善されませんでしたので,その対策として境川−新川をさらに深めて拡幅し,緑川として西下させ,有明海河口に注ぐというラインが造られました。これが着工時期にちなんで嘉永新川(現緑川)といわれる由縁となっています。
さらに昭和になって緑川洪水防止策として,嘉永新川を緑川本流とすることとなり,嘉永新川の改修が進められました。なお,この川ができたことによって大きく湾曲していた旧緑川は,現在,浜戸川とよばれています。

関連:

 


より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156