前のページに戻る

船場川両岸の榎  せんばがわりょうがんのえのき

区分:  
  船場川両岸の榎  
解説:

宇土市の市街地を流れる船場川両岸のエノキで,昭和53年(1978)10月9日に宇土市の天然記念物に指定されました。
  当初指定された10本のエノキのうち,6本は右岸の石小路町に,4本は左岸の船場町にありましたが,船場町側の巨樹2本が平成3年(1991)の台風19号で倒れたために指定から解除され,現存するものは8本です。その中で,幹囲3メートルを超えるものは,現在石小路町側に3本しか残っておらず,最も古いもので樹齢は150〜200年程度と考えられています。
  馬門ピンク石で造られた船場橋とエノキの古木が立ち並ぶ姿は,宇土市民のふるさとの風景です。

関連:

 

所在地:  宇土市石小路町,船場町

船場川両岸の榎

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156