前のページに戻る

太郎兵衛渡し跡

区分:

   
解説:

太郎兵衛渡し跡は旧緑川(現浜戸川)の下流にあり,民営の渡し舟が1艘ありました。この渡しがいつ頃からあるのかはわかりませんが,天保6〜11年(1835〜40)のものと推定される絵図には太郎兵衛渡しの名称がみられます。
川や海を渡過するような所を渡し・渡りといい,その渡過方法のうち舟行するものを船渡し・渡し船と呼びます。これは原始・古代より行われ,中世に入ると,諸国の守護・地頭らが私的に津料・河手と称して船賃を徴収し,旅行者の妨げとなることも多くありました。近世に入ってからは本格的な法の整備が行われます。渡賃は,渡船場の高札の規定によりますが,一般に武士・奉公人や近隣諸村の百姓などは無料で,商人や道者・参詣者はその荷物分と共に定額を支払うのが原則でした。

関連:

 

所在地:  宇土市走潟町


より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156