前のページに戻る

ドゥルー女史記念碑  どぅるーじょしきねんひ

区分:

 

  ドゥルー女史記念碑  
解説:

イギリスの海藻学者として著名だったドゥルー女史は「ノリは,夏の間,糸状体で過ごす」ことを発見し,親交があった九州大学教授の瀬川宗吉に手紙と論文を送りました。そのことを瀬川から聞いた熊本県水産試験場技師の太田扶桑男が,ノリの人工採苗の研究を続け,昭和28年(1953)10月,遂に成功しました。
  人工採苗によってノリの養殖技術は飛躍的に進歩し,宇土はもちろん,全国のノリ漁民に大きな恩恵をもたらしました。そのため,人工採苗を可能にしたドゥルー女史の功績を讃えて,昭和38年(1963)4月14日に当石碑が建立されました。以来,毎年4月14日には記念碑の前にノリ関係者が集まり「ドゥルー祭」が開催されています。

関連:

 

所在地:  宇土市住吉町

ドゥルー女史記念碑

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156