前のページに戻る

九州地唄三弦の駒と撥  きゅうしゅうじうたさんげんのこまとばち

区分:

 

  九州地唄三弦の駒と撥  
解説:

地唄とは三弦(三味線)と琴,尺八の3曲合奏で聞かせる純古典邦楽です。江戸期に上方で発展しましたが,明治初期に名人といわれた長谷幸輝が熊本に現われて以来,熊本はその本場となりました。
  石井駒・石井撥と呼ばれる駒撥を製作する石井楽器店の初代橋本嘉八は,長谷幸輝に招かれ熊本にやってきました。2代目石井房吉が橋本の長女と結婚し後を継ぎ,3代目方二は駒・撥に工夫を凝らし,遂に独特の九州地唄三弦駒と撥を完成し,現在は4代目に引き継がれています。
  駒は水牛の角に鉛・金・銀を埋め込んだ独特のもので,従来鉛のみの使用でしたが,方二が金・銀を埋め込むことを考案しました。
  撥は従来の撥より一回り大きく重いものに改良されました。水牛や象牙の台に,撥先はべっ甲が使われ,撥先の広がり具合や切り込みの角度,弦に当たる撥先の尖った部分の厚みにも苦心を重ね,完成しました。

所在地:  宇土市本町

石井楽器店

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156