前のページに戻る

舞鶴合資会社  まいづるごうしがいしゃ

区分:

 

  舞鶴社製マッチラベル  
解説:

上羽勝衛や林田清太郎らの電灯会社と精米所の創設計画,村田権蔵のマッチ製造所設立計画の3つの独自起業の動きが1つになって,明治28年(1895)7月25日に舞鶴合資会社が設立されました。
  燐寸事業は,マッチ製造の原料のほとんどを大阪に依存していましたが,後に軸木については県下の人吉から「タルミ」の木を入手するようになりました。
  電灯事業は,熊本県における電灯事業の始まりが明治24年(1891)創業の熊本電灯株式会社であり,これに次ぐ試みであったため,容易な事業ではなく,明治30年(1897)の営業実績報告をみると,上半期・下半期共に赤字続きでした。
  明治31年(1898)3月に,舞鶴合資会社は経営の大改革が行われたとみられますが,判然とせず,「精穀並洗湯業」に限り林田たちの手を離れ,燐寸部・軸木部・電灯部については売り渡されなかったようです。

関連:

 

所在地

宇土市築籠町

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156