前のページに戻る

椿原雨乞い太鼓踊り  つばわらあまごいたいこおどり

区分:

宇土市無形民俗文化財(昭和48.8.18)

  椿原雨乞い太鼓踊り 太鼓奉納
解説:
大太鼓奉納

※左の写真をクリックしますと,「大太鼓奉納」の動画をご覧いただけます。

椿原地区では,3年に一度,田植えが終わって一段落した7月最後の土日に椿原八幡宮で,雨乞い太鼓奉納が行われます。
  面径1.3メートル,胴長2メートル余ある大太鼓を30〜40人ほどの男性が担いで,83段もある椿原八幡宮への階段を登ります。
  境内では,大太鼓を御輿のように担いで練り歩き,勇壮な"ガブリ"も披露されます。これは太鼓を両側から大きく揺するものです。奉納された太鼓は交替で夜通し叩かれます。
  また,太鼓のリズムに笛や鉦をあわせた「雨乞い」や「ねんねこ」と呼ばれる曲も披露され,女性たちの踊りがこれに華を添えます。
  使用される大太鼓は,熊本県の有形民俗文化財に指定されており,通常は大太鼓収蔵館に保存・展示されています。

関連:

雨乞い太鼓・椿原八幡宮

所在地: 宇土市椿原町

椿原八幡宮

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156