前のページに戻る

網津川眼鏡橋群  あみつがわめがねばしぐん

区分:

宇土市指定有形文化財(昭和54.5.9)

  網津川眼鏡橋群  
解説:

江戸時代末に造られたアーチ式の眼鏡橋群で,5基が現存しています。
架橋当時の姿は残っていないものもありますが,今も地元の人の生活には欠かせない橋となっています。

本網津橋
平成10年(1998)4月に新橋架設のために解体され,石材は宇土市教育委員会で保管しています。
   馬門橋
道路舗装により上部が舗装され,欄干もありませんが,アーチ部分に眼鏡橋の姿が残っています。
   馬立橋
道路舗装と県道拡張により欄干が撤去され,上部が舗装されています。アーチ部分もセメントで覆われて眼鏡橋の姿はありません。
   網引橋
道路拡張のため上部が舗装されています。
   タカフネ橋
道路拡張により舗装され欄干もありません。アーチ部分に眼鏡橋の石材(馬門石)がみられます。
   猪伏橋
ほぼ原形をとどめています。

関連:

 

所在地:  宇土市網引町,網津町

網津川眼鏡橋群

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156