前のページに戻る

粟嶋神社  あわしまじんじゃ

区分:

 

  粟嶋神社  
解説:

創立年代・・・寛永10年(1633)
   祭神・・・・・少彦名神(すくなびこなのかみ)

「粟嶋神社由緒略記」によると,寛永10年(1633)信心深い老夫婦のもとに大変粗末な身なりの旅の僧が訪れ,一夜の宿を乞いました。そこで老夫婦は素朴ながら心からのもてなしをしました。その夜,老妻の夢に神が現われ「我は粟嶋の神なるぞ,信心深き汝等に幸を授けん。」と告げました。
  翌日,僧が旅立った後,僧が使用していた枕元に一体のご神体が置かれていました。老夫婦は慌てて僧を追いかけましたが,みつかりませんでした。そこで老妻は昨夜の夢を思い出し,このご神体が粟嶋大明神であると思い,小さな祠を建ててご神体を安置し,朝夕熱心に信仰したそうです。これが粟嶋神社の始まりと伝えられています。
  境内の小さな鳥居をくぐると病気平癒,子授け・安産等にご利益があるとされ,特に3月1日〜3日の祭礼は大変多くの参拝者で賑わいます。

関連:

 

所在地: 宇土市新開町

粟嶋神社

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156