前のページに戻る

中園邸  なかぞのてい

区分:

宇土市指定有形文化財(平成6.1.19)

  中園邸1 中園邸2
解説:

中園邸は,江戸時代に宇土郡の御山支配役を務めていた中園家の居宅です。建築年代は,六代目英之介の時代のもので,当時の絵図が残されており,天保3年(1833)であることがわかります。
  平面は6間取形式で東側に土間,釜屋を取り,西側に6部屋が設けられています。6部屋のうち,最も重要な部屋は10畳の座敷であり,床,棚,付書院を備え,南から西に縁が設けられて,庭に面しています。この座敷の西に接して次の間が見られ,南に玄関が設けられていました。このように中園邸の座敷と次の間は接客のためのもので,茶の間,台所,北側の2部屋が家族のための部屋でした。
  当邸は接客を前提に作られていますが,これは当時の中園家の役職と関係するものであり,一般的な庄屋住宅と共通しています。

関連:

 

所在地:  宇土市上網田町

中園邸

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156