前のページに戻る

泰雲寺跡  たいうんじあと

区分:

宇土市指定史跡(昭和52.1.14)

  泰雲寺跡  
解説:

創立年代・・・慶安年間(1648〜1652)
   本尊・・・・・不明

当寺は碩翁和尚によって開山されました。
  慶安年間(1648〜1652),宇土藩初代藩主細川行孝が,元は八代に建立した宗功寺を宇土町南小路(現宇土市門内町)に移し,さらに現在の地に移転して泰雲寺と改称しました。
  行孝の父である細川立孝の供養のために建てたもので,宗功寺も泰雲寺も立孝の法名「泰雲院殿宗功立允大居士」からとったものです。以来細川氏歴代の菩提所として同家の支配下に入りました。藩主の墓地は泰雲寺跡にあります。
  明治3年(1870)8月に廃寺となり,泰雲寺跡には新たに神道の原泉社を建て,細川氏歴代の霊を祀っています。

関連:

細川家墓地

所在地:  宇土市宮庄町

泰雲寺跡

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156