前のページに戻る

轟水源地及び樋管  とどろきすいげんちおよびひかん

区分:

宇土市指定史跡(昭和33.3.14)

  轟水源地及び樋管1 轟水源地及び樋管2
解説:

宇土町の水は飲用水に適しなかったため,寛文3年(1663)宇土藩初代藩主細川行孝の時,松橋焼の陶管を使った水道管を造り,轟水源から約3キロメートル離れた宇土の町中まで飲用水を引きました。
  それから100年程経つと水道管の破損箇所から雨水が入り込み,水道水の濁りや水漏れが目立ってきたため,宇土藩5代藩主細川興文(おきのり)の時,馬門石をくりぬいた水道管に替える全面改修が行われました。
  行孝代に建設され,興文代に改修された轟泉水道は,人々に飲用水をもたらしただけでなく,田畑の灌漑用水としても用いられました。現在も使われているこの水道は,使用中の上水道としては日本最古といわれています。

関連:

轟水源井戸・轟水源紙芝居「轟泉水道物語」

所在地:  宇土市石橋町,神馬町,宮庄町他

 

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156