前のページに戻る

不知火諾右衛門の墓  しらぬいだくえもんのはか

区分:

宇土市指定史跡(昭和51.5.20)

  不知火諾右衛門の墓  
解説:

不知火諾右衛門は,享和元年(1801)10月宇土郡轟村栗崎(現宇土市栗崎町)に生まれ,本名は近久信次といいます。
  文政6年(1832)大坂相撲の湊由良右衛門に入門し,四股名を戸立野から白川,さらに黒雲と改めて上取へ進みました。入幕を機に濃錦里諾右衛門と名を改め,天保10年(1839)には大関に昇進しました。ここで熊本藩のお抱えに迎えられましたが,関脇に下り,再び大関のときに不知火と改名し,天保11年(1840)11月には吉田司家から第8代横綱の免許を受けました。諾右衛門の詳しい経歴については紙芝居を参照してください。
  嘉永7年(1854)7月に54歳で亡くなりました。諾右衛門の墓は出生地の丘の中腹にひっそりと立っています。

関連:

紙芝居「郷土が生んだ横綱」

所在地:  宇土市栗崎町

不知火諾右衛門の墓

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156