前のページに戻る

花園陵墓参考地  はなぞのりょうぼさんこうち

区分:

 

  花園陵墓参考地  
解説:

当古墳には,安徳天皇の陵墓という伝説があり,宮内庁によって陵墓参考地に指定されています。
    安徳天皇は,治承2年(1178),高倉天皇の第一皇子として誕生しました。治承4年(1180)にはわずか2歳で即位しましたが,政治の実権は祖父の平清盛が握りました。
    当時,平氏政権に対する反乱が各地で起こっていました。その中で,寿永2年(1183)に木曽義仲が京都へ迫った際,安徳天皇は平宗盛に連れられ京都を出ました。しかし,寿永4年(1185)の壇ノ浦の戦いにおいて,わずか8歳であった安徳天皇は,清盛の妻である時子に抱かれて海に沈み,平氏と命運を共にしました。
    しかしながら,この古墳の実際の築造時期は5世紀後半とみられ,「晩免古墳」という名称で宇土市の史跡に指定されています。

関連:

晩免古墳

所在地:  宇土市立岡町

花園陵墓参考地

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156