前のページに戻る

城二号墳  じょうにごうふん

区分:

宇土市指定史跡(昭和42.5.30)

  城2号墳  
解説:

本来は直径約20〜25メートルほどの円墳と考えられますが,田平城跡の一角にあるため,墳丘の改変が著しく明確にはわかっていません。
  本墳について最も重要だと考えられるのは,この古墳の石室が著しく古式の様相を備えているということであり,熊本県内だけでなく九州のなかでも最も早い時期に属する横穴式石室のひとつにあげられるという点です。
  本古墳は九州,いいかえれば日本に横穴式石室が導入された4世紀末頃からさほど時間をおかない時期に採用された初期の横穴式石室であり,県内でも有数の古墳のひとつであるということは間違いありません。

関連:

城一号墳・城二号墳出土品

所在地:  宇土市上網田町

城二号墳

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156