前のページに戻る

楢崎古墳  ならざきこふん

区分:

熊本県指定史跡(昭和50.11.11)

  楢崎古墳  
解説:

前方後円墳として県から指定を受けていますが,円墳の可能性もあります。
  埋葬施設としては,後円部にあたる場所に4基,前方部となる位置に1基あります。以下は埋葬施設を表にまとめたものです。

番号 内容 備考
一号 組合せ式家形石棺 人骨2体,直刀2振,鉄鏃(てつぞく)など出土
二号 刳抜(くりぬき)式舟形石棺 刀掛状突起が2個と3個
三号 組合せ式加家形石棺 円柱状縄掛突起が1つ
四号 石蓋土壙(せきがいどこう)  
五号 組合せ式箱形石棺  

石棺・土壙の構造・形状はそれぞれ全く異なるものばかりであり,そこには時期差があった可能性が高いです。石棺の形状からみて,5世紀中頃に古墳は築造され,以降,5世紀後半から末にかけて営まれたものとみられています。

関連:

 

所在地:  宇土市花園町

楢崎古墳

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156