前のページに戻る

曽畑貝塚  そばたかいづか

区分:

宇土市指定史跡(昭和33.3.14)

  曽畑貝塚1 曽畑貝塚2
解説:

朝鮮半島の櫛目文土器の影響を受けた曽畑式土器の標式遺跡(時期区分の基準となる遺構,遺物が検出された遺跡のこと)として有名な貝塚です。
貝塚に隣接した低湿地からは貯蔵穴群が発見され,これにより貝類の廃棄場所と,食物を貯蔵する場所を明確に区別して利用していることが確認できます。出土した土器等により,縄文時代の貝塚であることがわかりました。貝塚の南側にあたる部分については,水田化のためにほぼ滅失しています。この両地点周辺には,本来,厚く堆積した貝層が存在しており,貝塚の主体となる部分は,発掘調査が実施される前にすでに失われていました。

    他の遺跡では残存しない情報を大量に包含しており,宇土半島基部の貝塚群の1つとして,貝塚そのものの重要度も極めて高い存在です。

関連:

曽畑貝塚出土品

所在地:  宇土市岩古曽町

曽畑貝塚

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156