前のページに戻る

天神山古墳  てんじんやまこふん

区分:

宇土市指定史跡(昭和42.5.30)

  天神山古墳測量図  
 
解説:

墳形は前方後円墳で,前方部を東側に向けています。墳丘斜面には人頭大の自然礫(しぜんれき)や角礫(かくれき)がみられることから,葺石を有していると考えられます。埴輪の存在は確認されていません。
  主体部に関する情報はなく,遺物も未確認です。後円部から西側に約10メートル離れた場所から土器片2点が検出されていますが,古墳に伴うものであるのかどうか不明です。古墳の時期は古墳時代前期後半と推定されています。
  当古墳周辺に同じ古墳時代前期に属する古墳が存在しておらず,現状では天神山古墳のみが単独で存在する状況です。

関連:

 

所在地:  宇土市野鶴町

天神山古墳

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156