前のページに戻る

轟貝塚  とどろきかいづか

区分:

宇土市指定史跡(昭和33.3.14)

  轟貝塚1 轟貝塚2
解説:

当貝塚は轟式土器の標式遺跡(時期区分の基準となる遺構,遺跡が検出された遺跡のこと)として著名な貝塚遺構です。
  正確な範囲はわかっておらず,現地表面から採取される貝片は粉々に砕けたものがほとんどで,土器片についても同様です。
  轟貝塚を含め,周辺の土地利用は,古くは縄文時代早期にまでさかのぼることができます。その他の縄文時代では,前期,中期,後期前半に断続的に生活の痕跡が認められます。縄文時代以後も,弥生,古墳時代,さらに古代,中世においても遺物,遺構が認められ,長い間利用されてきたことがわかります。轟水源が近接していることも,遺跡が連綿と続くことに少なからず影響していると想像できます。

関連:

轟貝塚出土品

所在地:  宇土市宮庄町

轟貝塚

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156