前のページに戻る

ヤンボシ塚古墳  やんぼしづかこふん

区分:

宇土市指定史跡(昭和63.9.6)

  ヤンボシ塚古墳  
解説:

外周直径約25メートルの円墳です。
  主体部は横穴式石室ですが,玄室石材の抜き取りをはじめとした玄室上部からの大がかりな破壊を受けており,早い段階に盗掘されたことは間違いありません。
  この古墳の特色の1つに2種類の装飾が施されているということがあります。1つは直径12.7センチの円文で,2ヶ所で確認され,もう1つは細い線刻によって描かれた船です。古墳内部に描かれた船としては最も古いものであり,帆柱状の立柱としても現段階では日本最古のものです。
  石室内は盗掘を受けていたので,ほとんど副葬品は残っていませんでしたが,わずかに出土した遺物から考えると,築造時期は5世紀前半代と考えられます。

関連:

 

所在地:  宇土市上網田町

ヤンボシ塚古墳

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156