前のページに戻る

木造阿弥陀如来坐像  もくぞうあみだにょらいざぞう

区分:

熊本県指定有形文化財(昭和44.3.20)

  木造阿弥陀如来坐像  
解説:

三日山如来寺には鎌倉時代の釈迦(写真中央)・阿弥陀(写真左)・薬師(写真右)三尊が安置されています。この像はその一つで,像高75.5センチ,桧材の寄木造です。眼は彫眼で,衣の着け方は釈迦像とほぼ同じですが,膝前や側面の衣文の表現が異なっています。
  構造は,頭頂から地付まで前後に3材を使って造られていますが,中間の材は幅2センチほどのマチ材のような,像の均衡を取るために入れられたものであり,実質は前後2材製に近い造りです。胎内仏が発見されました。
  如来寺の3像を比較すると,使用している材や構造の違いから釈迦像が先に造像され,その作風にならって阿弥陀像,薬師像が造られたのではないかと考えられています。

関連:

韋駄天像・西安寺の聖観音菩薩立像・三日山如来寺・報恩寺・木造釈迦如来坐像木造薬師如来坐像

所在地:  宇土市岩古曽町

三日山如来寺

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156