前のページに戻る

千体仏  せんたいぶつ

区分:

区分:宇土市指定史跡(昭和47.12.23)

  千体仏  
解説:

通称「千体仏」は,阿蘇凝灰岩が崖状になり露出したものを多宝塔の形式に作り,その塔の側面に立像の地蔵菩薩像を刻んだものです。
 伝説によると,弘法大師(空海)が彫刻したといわれていますが,実際はそれより時代が下った室町時代後期頃の作と考えられます。
 像は立像の地蔵菩薩を横に並べて彫刻したもので,像の高さは20センチぐらいです。しかし,姿も定かではないくらい傷んでおり,1000体もあったといわれる仏像も今では100体そこそこしか数えることができません。長年の風化と樹根の成長により,岩石に亀裂が生じて,仏像の部分が落下するなどしており,現在ではその一部を残しているだけです。

関連:

 

所在地:  宇土市城塚町

地図(千体仏)

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156