前のページに戻る

宗福寺跡  そうふくじあと

区分:

宇土市指定史跡(昭和52.1.14)

  宗福寺跡  
解説:

創立年代・・・永正年間(1504〜1521)
  本尊・・・・・地蔵菩薩

八代市妙見町の悟真寺の末寺で,宗派は曹洞宗です。永正年間(1504〜1521),名和伯耆守が名和家の菩提寺(ぼだいじ/一家が代々帰依して葬式・追善供養などを営む寺)として建立したものです。利屋貞和尚によって開山されました。
  古来,宗福寺に寄進されていた土地は,近世以降年貢地(有租地)となっています。
  名和氏が宇土の地を離れて以来,同所は椿原村(現宇土市椿原町)に維持管理され,現在に至っています。
  宗福寺には,本尊の地蔵菩薩立像の他,開山木像,名和武顕及び行興の位牌,墓地に名和行直の墓があり,境内には六地蔵が安置されています。

関連:

宇土の六地蔵・宗福寺跡の宝篋印塔・名和家位牌・名和行直の墓

所在地:  宇土市椿原町

宗福寺跡

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156