前のページに戻る

田平城跡  たびらじょうあと

区分:

 

  田平城跡出土鉄砲玉と鋳型  
解説:

田平城の築城年代及び築城者についての記録はありませんが,宇土城の支城(本城を守るように配置された補助的役割を持つ出城・砦・陣屋などのこと)の性格を有していたと思われ,当時は網田城と呼ばれていました。
  発掘調査によって16世紀中頃以降の遺物は確認することができました。なかでも,鉄砲玉と共に玉の鋳型がみつかったことは,天正8年(1580)に薩摩の島津氏に攻められたという記録を裏付ける意味でも貴重な発見です。
  後に名和家(宇土顕孝)が豊臣秀吉の命により所領が入れ替えられ,小西行長が肥後南半分を支配すると,田平城は役目を終えて廃城になったと思われます。

関連:

宇土城(西岡台)・トンボシさんの墓

所在地:  宇土市下網田町

田平城跡

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156