前のページに戻る

長福寺跡薬師堂  ちょうふくじあとやくしどう

区分:

宇土市指定史跡(昭和42.5.30)

  長福寺跡薬師堂1 長福寺跡薬師堂2
解説:

創立年代・・・鎌倉時代か?
  本尊・・・・・薬師如来

薬師堂は雄岳の中腹にあります。ここには元徳3年(1331)の墨書銘のある薬師如来1躯,銘文のない薬師如来1躯及び十二神将(大半は失われています)が安置されていました。現在,薬師堂がある寺域内には,鎌倉時代の特徴を有するおびただしい数の五輪塔があり,市内では珍しいものです。
  かつてあった本尊の薬師如来像の銘文によると,元徳2年(1330)閏6月以来,疱瘡(ほうそう/天然痘の俗称)が流行ったのでこれをなくすために3尺(約91センチ)の薬師如来像を造立・供養したらしいことがわかります。長い間,寺の名前は不明でしたが,薬師如来の胎内銘の発見により,長福寺の名称が明らかになりました。

関連:

長福寺跡薬師堂の薬師如来立像

所在地:  宇土市下網田町

長福寺跡薬師堂

より大きな地図で デジタルミュージアム を表示

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156