宇土市公式ウェブサイト

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português


前のページに戻る

〜地元ガイドと歩く〜 うと歴史観光めぐり

更新日:2015年4月20日

〜地元ガイドと歩く〜  うと歴史観光めぐり

くから交通の要衝として栄えた宇土市は歴史の宝庫。

ボランティアガイドと一緒にのんびりと宇土を巡ってみませんか?

うと満喫コースパンフ


申し込み希望の方は,申込書に必要事項を記入の上,ファックスにてお送りください。

また,メール,お電話での申し込みも可。

※3日前(土日祝を除く)までにお申込みください。

 

コース紹介

まち歩きコース(プチお土産付) 

馬門石のめがね橋・船場橋をスタートして小西行長の銅像がある宇土城跡まで,

案内人のガイドで宇土の歴史にふれながら歩きます。

船場橋轟泉水道井戸門内界隈宇土城跡(城山)定府の笹垣

船場橋

船場橋の写真です水軍の将小西行長公が物流の拠点として

整備した船場川。江戸時代は先着場として栄えた。

 


門内界隈

門内界隈の写真です門内界隈は江戸時代の宇土細川藩の家臣たちの武家屋敷があったところで

当時の家並みや区画がところどころに残っています。

 

 
轟泉水道井戸

轟泉水道井戸の写真です宇土市船場橋脇にある轟泉水道の末端の井戸。轟泉水道は日本最古の水道設備で,轟水源を利用して,2代宇土藩主細川行孝が完成させたもの。


宇土城跡(城山)

宇土城跡 城山の写真ですキリシタン大名・小西行長公が築城した城。城の規模は,本丸を中心として約500m四方に及び石垣を備えた熊本を代表する近世城郭だった。


大太鼓叩き体験コース  

 江戸時代からの雨乞い大太鼓が26基も並ぶ大太鼓収蔵館で大太鼓をたたいてみませんか?

水源前広場轟貝塚轟水源・轟泉水道―轟御殿跡大太鼓収蔵館

 

大太鼓収蔵館

大太鼓収蔵館の写真です江戸時代から明治時代にかけて作られた「雨乞い大太鼓」が26基残されています。
当時の村々が豊作を祈る「雨乞い」や「虫追い」などの行事のために所有していたものです。


 

焼き物ストラップ作り体験コース 

網田は江戸時代に藩窯があった焼物の歴史ある地区です。駅カフェの網田駅や資料館をご案内します。

網田駅網田焼の里資料館網田焼窯跡蒼土窯(工房)蒼土窯(展示室) 

 網田焼の里資料館

網田焼の里資料館の写真です網田焼は,江戸時代肥後細川藩の保護のもと幕府や大名への贈答品として焼かれていました。


 その他コース

案内箇所はご希望に合わせます

上記コースのほかにも多数ございます。

  • 行長&細川城下町と轟泉水道コース
  • 花園古墳コース
  • 網津馬門石コース
  • 住吉自然公園コース
  • 御輿来海岸コース
  • 網田焼物コース
  • 網田古墳・歴史コース

 ガイド料金

 

 

≪資料代及びガイド料≫
 20人まで 40人まで  
  最初の1時間   1,000円 2,000円 
  追加1時間 1,000円

 2,000円  

 

 ※施設入館料・体験料別途

 ※40人以上の場合はご相談ください


 

 

ページ上へ


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には,Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は,バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇土市役所 経済部 商工観光課 商工観光係
電話番号:0964-22-1111 (内線:612・613)この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • くまもとGPMap
  • 宇土市企業立地ガイド