宇土市公式ウェブサイト

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português


前のページに戻る

公共事業再評価とは?

更新日:2011年1月1日

1.概要

 宇土市では,公共事業の効率性及び実施過程の透明性の一層の向上を図るため,平成14年度に「宇土市公共事業再評価実施要綱」をまた,平成17年度には「宇土市公共事業の再評価に関する条例」を策定し,公共事業の再評価を実施しています。

 評価にあたっては,透明性や客観性を高めるため,第三者からなる「宇土市公共事業再評価委員会」で意見を頂き,市の対応方針を決定します。

体系図

体系図の画像です



 

  1. 事業担当課:評価対象事業、評価手法、対応方針案の決定
  2. 事業担当課:市長へ案の決裁
  3. 事業担当課:再評価委員会(企画課)へ提出
  4. 再評価委員会:評価手法・対応方針の審議・報告[委員構成:学識1人・一般1人]
  5. 再評価委員会:市長へ意見の報告
  6. 事業担当課:意見を尊重した対応方針を作成
  7. 市長決裁
  8. 公表

2.対象事業

 対象事業は農林水産省及び国土交通省が所管する公共事業のうち,市が事業主体となって実施する事業及びそれらの事業に類する市単独事業のうち,次に掲げるものとします。

 ただし,国庫補助事業について国において当該事業を所管する省庁から別に再評価の対象要件が示された場合は,その要件にしたがって再評価を実施します。実施する事業は以下のとおりです。

  1. 事業採択後5年間を経過した時点で未着工の事業
  2. 事業採択後10年間を経過した時点で,一部供用されている事業を含め,継続中の事業。なお,社会経済情勢等の急激な変化により,再評価を実施すると判断した場合には,経過期間に関わらず随時再評価を実施するものとする。
  3. 事業採択前の準備・計画段階で5年間が経過している事業

3.再評価の基本的な視点

次の視点から評価を行っています。

  1. 事業の進捗状況
  2. 事業を巡る社会経済情勢及びその変化の状況
  3. 費用対効果分析の要因の変化
  4. コスト縮減や代替案立案等の可能性

詳しい再評価の基準は再評価評価基準をご覧ください。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇土市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には,Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は,バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇土市役所 企画部 企画課 企画政策係
電話番号:0964-22-1111 (内線:803・804・805)この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • くまもとGPMap
  • 宇土市企業立地ガイド