宇土市公式ウェブサイト

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português


前のページに戻る

難病などの人も障害福祉サービスなどの対象になります

更新日:2013年3月8日

平成25年4月に施行される障害者総合支援法では,障がい者の範囲に難病などの人が加わります。対象者は,身体障害者手帳の所持の有無に関わらず,必要と認められた障害福祉サービスなどの受給が可能となります。

 ※障害福祉サービスなど・・・障がい児(者)については,障害福祉サービス,相談支援,補装具及び地域生活支援事業。

  障がい児については,障害児通所支援及び障害児入所支援

対象者

 対象疾患(下記リーフレット参照)による障がいがある人。

手続き

 対象疾患に罹患していることがわかる証明書(診断書または特定疾患医療受給者証など)を持参の上,福祉課で申請してください。その後,障害程度区分の認定や支給認定などの手続きを経て,必要となるサービスを利用できることになります。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇土市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には,Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は,バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇土市役所 健康福祉部 福祉課 福祉政策係
電話番号:0964-22-1111 (内線:408・409・410)この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • くまもとGPMap
  • 宇土市企業立地ガイド