宇土市公式ウェブサイト

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português


前のページに戻る

アライグマの目撃情報のお願い

更新日:2017年6月21日


 アライグマは、北米大陸を原産とする動物で、日本にはペットとして輸入され、その後逃げ出したり捨てられたりした個体が野生化し、繁殖を繰り返して全国各地に分布を拡大しています。

 九州地方では、平成11年頃から確認されはじめ、九州北部を中心に農産物被害や人的被害等をもたらしています。熊本県でも今年6月に宇城市松橋町において、アライグマ(幼獣)1頭の生息が確認(県内16例目)されました。今後、本市においても侵入の恐れがあると思われます。

 アライグマの特徴は、顔はたぬきに似ており、耳は大きく白い縁取りがあります。一番の特徴は尻尾が長くシマシマ模様であること、前足は人間の手のひら(子供の手形)に似ており、指が長いのが特徴です。雑食性でいろんなものを食べ、特に甘いものを好みます。

 アライグマの被害を防ぐためには、アライグマの存在にいち早く気づくことが大切です。アライグマの姿や足跡などを目撃されたら市農林水産課までご連絡をお願いします。

アライグマの写真と前足の足跡の画像です

 



 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇土市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

宇土市役所 経済部 農林水産課 林務水産係
電話番号:0964-22-1111(内線:605)この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • くまもとGPMap
  • 宇土市企業立地ガイド