宇土市公式ウェブサイト

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português


前のページに戻る

犬を飼い始めたとき(犬の登録と狂犬病の予防注射)

更新日:2013年4月1日

 犬を飼い始めたとき必要なこと

生後91日以上の飼い犬は,一生に1度の登録と,毎年1回狂犬病の予防注射を受けることが義務づけられています。

犬の登録はお済みですか?

犬の登録がお済みでない方は,市への登録が必要です。

表:犬の登録手数料
項目手数料
犬の登録・犬の鑑札交付3,000円
登録申請様式

※登録申請先は,環境交通課です。

1年に1回,狂犬病予防注射を受けさせてください。

犬の飼主は,飼い犬に毎年1回狂犬病予防注射を受けさせなければいけません。

集合注射

毎年春と秋に各地区をまわり,狂犬病予防注射を実施しています。実施の時期は,広報やHPでお知らせします。

実施期間中は,各会場にて狂犬病予防注射の接種と同時に,狂犬病予防注射済票の交付を受けることができます。

狂犬病とは

狂犬病は,狂犬病ウイルスに感染している犬などの動物に咬まれることで人に感染します。ウイルスが感染した場合,2週間以上の潜伏期のあと,けいれん,麻痺,昏睡などの神経症状を呈し,一度発症するとほぼ100%死亡します。治療法もないので,もし狂犬病の動物に咬まれたら潜伏期の間にワクチンを接種し,発症を防がなければなりません。

狂犬病は,現在日本では発生していませんが,アジアをはじめ海外の多くの国々では発生しており,世界中で毎年4〜5万人以上の人が命を落としています。

狂犬病に関するQ&Aについて

厚生労働省HPリンクhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/07.html

住所や飼主の変更があったときは,変更届の提出が必要です。

宇土市内で引っ越しをした場合

登録済みの犬について名前や住所,電話番号等の登録情報に変更があった場合や,飼主が変わったときは届出が必要です。

宇土市⇒市外の場合

宇土市での手続きは必要ありません。他の市町村へ転出した場合は,宇土市で交付された犬の鑑札を持って,新しい住所地の市町村の窓口へ届け出てください。

市外⇒宇土市へ転入した場合

旧住所地の市町村で交付された犬の鑑札を持って,環境交通課へ届け出てください。宇土市の犬の鑑札と交換(無料)します。

登録変更届様式

飼主の皆様へ

フンは必ず飼主が片付けてください

放置されたフンは,犬を飼っていない人はもちろん,飼っている人にとっても不快です。散歩のときには必ずフン処理の道具等を持ち,フンは必ず自宅へ持ち帰ってください。できれば排泄を済ませてから散歩にでるような配慮が必要です。

鳴き声

近隣住民への配慮からも,ひどく鳴かないように犬のしつけを行ってください。

外で飼うことについて

犬を自宅の敷地等で飼っていると,犬の毛が周囲に散乱したり,フン尿の臭いが周囲に拡散したりする場合があります。特に風がある日は犬の毛が周囲の住宅に散らばり,不快であり不衛生です。日常の清掃等をこまめに行い,近隣の方に迷惑にならないようにしてください。 



追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇土市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には,Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は,バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇土市役所 市民環境部 環境交通課 環境交通係
電話番号:0964-22-1111 (内線:518・519・520)この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

カテゴリ内 他の記事


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • くまもとGPMap
  • 宇土市企業立地ガイド